東部川崎保育園

© 2020 Toukoukai

病後児保育室Room

お知らせ

≪お休みのお願い≫
7月26日(金)病後児保育室を1日お休みとさせて頂きます。
電話予約に関しましては通常通り(8:00~17:45)受けを行っております。7月29日以降の予約の決定に関しましてはお部屋の調整後、夕方にご連絡をさせていただき確定となりますので、ご了承ください。

≪長岡まつりの病後児保育室について≫
8月2日(金)の利用時間に関しましては、前日までの予約とし、
8:00~17:00の中で時間調整をさせて頂きます。ご了承ください。

≪お盆期間の病後児保育室について≫
8月13日(火)~8月16(金)はお休みとさせて頂きます。
※8月19日以降の電話予約に関しましては、8月16日(金)より受付致します。

≪新型コロナウイルス感染症について≫
新型コロナウイルス感染症の対応に関しましては、長岡市のホームページをご覧ください。

東部川崎保育園病後児保育室

社会福祉法人東光会 東部川崎保育園病後児保育室は、認定こども園東部川崎保育園に併設する施設です。病気の「回復期(症状が安定して、回復に向かっている時期)」であり、医師から病後児保育可能と診断されたお子さんを一時的にお預かりします。

利用方法・利用料金

長岡市のしおり(4ページの利用の流れを参照ください。)

予約受付時間

月曜日~金曜日 8:00 – 17:45
土曜日 8:00 – 13:00

利用時間

月曜日~金曜日 8:00 – 17:30
9:00 – 17:00(当日予約利用)

キャンセル受付時間

月曜日~金曜日 7:45 – 8:00
土曜日 8:00 – 13:00

当病後児保育施設について

病後児保育室のパンフレットを参照ください。

利用時に必要な書類

事前登録票 ※未登録の方のみ利用初日に必要となります
医師連絡票
利用申込書 ※利用初日の入室時に記入していただきます。
日誌(家庭⇔病後児連絡票)

施設利用希望の方へ

★予約の電話をかける前に確認して頂きたいこと★

  1. 受診をし、医師から医師連絡票をもらっていること
  2. 医師連絡票の「病後児保育として可」に〇がついていること
  3. 病児(症状が安定していない状態)ではなく、病後児(症状が安定し回復に向かっている)であること

  「病後児保育の受け入れ基準」を参照ください。
  「病後児保育の受け入れ基準」のダウンロード

お知らせ

≪お休みのお願い≫
7月26日(金)病後児保育室を1日お休みとさせて頂きます。
電話予約に関しましては通常通り(8:00~17:45)受けを行っております。7月29日以降の予約の決定に関しましてはお部屋の調整後、夕方にご連絡をさせていただき確定となりますので、ご了承ください。

≪長岡まつりの病後児保育室について≫
8月2日(金)の利用時間に関しましては、前日までの予約とし、
8:00~17:00の中で時間調整をさせて頂きます。ご了承ください。

≪お盆期間の病後児保育室について≫
8月13日(火)~8月16(金)はお休みとさせて頂きます。
※8月19日以降の電話予約に関しましては、8月16日(金)より受付致します。

≪新型コロナウイルス感染症について≫
新型コロナウイルス感染症の対応に関しましては、長岡市のホームページをご覧ください。

病後児保育の受け入れ基準

✕ 受け入れ不可の病気

  1. 新型コロナウイルス感染症
  2. 腸管出血性大腸菌
  3. 結核
  4. 百日咳
  5. 麻疹
  6. 風疹
  7. 急性出血性結膜炎

〇 受け入れ可の病気

上記以外の病名につきましては、全てが受け入れ可能ではなく、

  1. 「医師連絡票の内容」
  2. 「施設指導医の指示内容」
  3. 「症状」(下記「症状別、病後児保育の受け入れ基準」を参照して下さい。)

を踏まえ、受け入れの決定を致します。

※けがや骨折での利用や不明な点等ございましたら、当病後児保育室までお問い合わせください。

症状別、病後児保育の受け入れ基準

(予約時に以下の条件を満たしているか否かの確認をさせていただいております。)

○ 病後児保育室を利用できる症状(例)

  • 38.0℃前後の発熱はあるが、38.5℃以上を超えることなく、解熱剤を使わず過ごすことができている
  • 咳はあるがゼーゼー・ヒューヒューなど、明らかな喘鳴がない
  • 自宅で吸入は実施しているが、追加吸入をしなくてもよい
  • 咳、鼻水で眠りづらいが、ある程度眠ることはできる
  • 食事は好きなものであれば食べることができている
  • 水分はしっかりとれ、尿も通常通り出ている。
  • 嘔吐がない
  • 下痢はあるが、食事や水分は好きなものであれば摂取できている
  • 遊ぶことができている

✕ 病後児保育として利用できない症状(例)

  • 前日まで解熱剤を使用しないと過ごす事が難しかった
  • ゼーゼー・ヒューヒューなど、明らかに喘鳴が聞こえており、追加吸入をしている
  • 夜、昼に眠ることができていない
  • 好きなものでも食事がとれない
  • 水分がとれない
  • 尿が明らかに少ない
  • 嘔吐を繰り返している
  • 下痢が頻回である
  • 遊ばない