東部川崎保育園

© 2020 Toukoukai

当園についてAbout

園長より一言

今の時代だからこそ、子どもたちには思いきり遊び、様々な経験を通して【あかるく・たくましく】育ってほしいと願っています。 また、お母様・お父様方が、日々頑張っていらっしゃる子育て・お仕事等を様々なかたちでお支えして参りたいと思います。
そして、地域の園としての環境を様々に生かしながら、たくさんの笑顔溢れる園でありたいと思います。

園長 崎川 いり子

園の魅力

園の魅力画像

園舎、園庭

園舎、園庭が広く子どもたちが伸び伸びと過ごしています。園庭には菜園もあり、年長の育てた野菜でクッキング等も楽しんでいます。

交流、実習、研修

未来の子どもたちを育てる人材育成のため、実習生を積極的に受け入れています。
また、保育教諭として人として成長し続けるため園内研修を行っています。

園の魅力画像
  • 園の魅力画像

食育の取り組み

食事のマナーや、日本の食文化を大切にしながら命の大切さを伝えています。子どもたちに 「食」を通して健やかな発育、発達を目指しています。

恵まれた周辺環境を活用した保育

広い園庭では、芝生の小山を転げまわるなど五感を刺激した遊びを楽しんでいます。また、近くの公園に出かけ、虫を探したり、季節の草花を観察したり、子どもたちの「なぜだろう」を大切にしています。

園の魅力画像

地域の子育て 支援活動の展開

子育て支援として、月に1回未就園のお子さんと保護者の方をお招きして「たんぽっぽ」 を行っています。保健相談、保育相談等地域の保護者の方の子育てを応援しています。

養護と教育の一体化

子どもの最善の利益を尊重し、子どもの健やかな育ちを見守りながら、就学前に育ってほしい10の姿を元に子どもたちのやる気を育てています。

看護師による健やかな生活の保持

保育園の看護師は「子どもの健康」「保護者や家庭の健康」を守り、子どもを中心とした幅広いケアを行い保育園全体の健康と衛生を保つ役割を担っています。

施設紹介

施設画像

お迎え広場

天気の良い日には上から日差しが差し込む明るい玄関です。朝は元気な子どもたちを迎え入れ、帰りには、「また明日」と見送ってくれる暖かい場所です。

施設画像

ツリーハウス

東光会の創設にあたりご縁のある欅がツリーハウスに生まれ変わりました。子どもたちの秘密基地です。

施設画像

園庭

広い園庭は子どもたちがおもいきり遊べる場。体をたくさん動かしたり、様々な発見ができたりします。自然と異年齢交流の場ともなっています。

施設画像

ホール

天井が高く、開放感のあるホールには温かい日差しが差し込みます。行事や集会などみんなが集まる場となっていて、子どもたちの元気いっぱいな声が響いています。

施設画像

0・1歳児保育室

0・1歳児の子どもたちが過ごすお部屋です。床暖仕様となっていて小さな子どもたちが、ハイハイしたりお座りして遊んだりしても暖かくゆったりと過ごせます。

施設画像

保育室

2~5歳児の子どもたちが過ごすお部屋です。 どの保育室からも子どもたちの元気な声が聞こえてきます!!

施設画像

絵本室

昔話・物語・図鑑…と子どもたちの大好きな絵本が揃っています。「何て書いてあるの?」 「この本大好き!」と子どもたちの興味を育てる場でもあります。

施設画像

病後児保育室

病気の回復期のお子さんをお預かりし、家庭的な保育・看護の提供をします。 詳しくは、園にお問い合わせ下さい。

園の概要

名称 社会福祉法人 東光会 認定こども園東部川崎保育園
住所 〒940-0864
新潟県長岡市川崎3丁目2388
TEL 0258-89-6658
FAX 0258-89-6861
園長 崎川 いり子
保育教諭 28名
子育て支援員 5名
栄養士 1名
調理員 4名
看護師 2名
事務員 1名
バス運転手 1名
定員 165名
入園対象児 0歳児〜5歳児
産後休暇明けの生後8週間を経過し、健康診断の結果、健康であること。
開園時間 月曜日〜金曜日 7:15〜19:15
土曜日 7:15~18:15
障がい児保育 園が保育を通じて専門機関と連携をとりながら親子を支援していきます。
病後児保育 病気回復期のお子さんを一時的に保育します。 (詳しくは園にお問い合わせください)
未入園児親子支援
「たんぽっぽ」
未就園児の親子が一緒に遊びながら子育てに関する交流を行います。

アクセスマップ